<緑地帯@中国新聞>

  • 2013.07.05 Friday
  • 11:52

 
本日(5日)掲載の緑地帯@中国新聞を見て、

思わず「おっ」と声が出た。

千住明さんのコンサートを企画した竹島幸伸との出会いを

語っているからだ。

緑地帯


竹島幸伸は、このブログでも紹介した

周南観光コンベンション協会の事務局長だ。

しかも昨日、彼のFBで、

千住明さんのお母さん・文子さんの通夜に参列した、

という報告に接したばかりだったから、

あまりの奇遇さに唖然としたのだった。


千住明さんのコンサートを企画中、

竹島幸伸は交通事故に会い生死の境をさ迷った。

瓦解した実行委員会を再興し、先月コンサートにこぎつけた。

その情熱の源を、

「やっぱり一度死んだからでしょうかねえ」と語る。

そんな彼の生き様を書いてみたい、と如月恵はいう。

中国短編文学賞大賞受賞者の如月恵に描いてもらう

竹島幸伸の姿を見てみたいものだ。

楽しみに待とう。


因みに、如月恵の緑地帯連載は本日8回で終了する。

彼女の連載を毎回楽しみに読んできたが、

自然描写のうまい人だなあ、と感嘆しきりだった。


-----------------------------------------------

『妻のために生きる』好評発売中!!
ネット販売「e-hon@夢しょぼう」でどうぞ。

↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ


<甘味なるもの>

  • 2013.06.28 Friday
  • 11:45

 
「開店休業」吉本隆明(プレジデント社)を読んだ。

青春時代、神様とあがめた吉本隆明のエッセー集。

「言語にとって美とは何か」「共同幻想論」等の

ちょー難解な文章かと身構えたが、さにあらず。

あら、隆明さんも軽口エッセーが書けるのね、と再認識の一冊である。

その「食」をテーマにした文章の趣は、

我が尊敬する向田邦子のテイストを感じさせる。

同じテーマで語られる長女・ハルノ宵子の文章もまた素晴らしい。

父より良いぞっ。(笑)

吉本隆明


感想文を載せただけでは味気ない。

どんな文章なのか、の一例を引用しよう。

-----------------

ときどき、幼少の時代を思い出し、
甘いものを食べ過ぎて虫歯が痛み出したこと、
戦時中は甘味が欠乏していて甘味存分のお菓子を夢見たこと、
(中略)
駄菓子屋さんであんこ玉をお好み焼きに入れて食べたことなど、
なぜか甘味の連想だけは次々と浮かんでくる。

-----------------

引用しただけではShiozyらしくないので、

<甘味>にまつわる自身の思いも書いておこう。


元来、私は甘いものが嫌いだ。

ケーキなど見ただけで胸ヤケする。

そんな私だから、甘味の思い出などなさそうなはずなのに、

唯一、あーあの甘味は忘れられないなあ、という事例があるのだ。


今を遡ること44年前、それは私がハタチのときのこと。

生まれて初めて上京して、デモ隊の先頭で検挙された。

本富士署、愛宕署と留置場を転々とし、

最後は蒲田署に落ち着いた。

20日間蒲田署暮らし。

大量逮捕者で、警察も手がない。

取調べは、なんと風紀係のデカさん。

「あんた、極左のこと知らんでしょ」という

ツッコミを入れたら、デカさんいわく、

「その分、取調べがゆるいからラクだぞ」。

まあ、そんなゆるい時代だったのだ。


で、風紀係はなんの担当かといえば、<売春取締>。

私が取り調べられている横で、けばいネーチャンが説教されている。

説教とはいえ、そのやりとりはタメ口の応酬だ。

取り調べもゆるい。

ネーチャン「腹減った。なんか買ってきて」

デカさん「なにがいい?」

ネーチャン「駅前の○○のあんぱんがええわ」

あんぱんが届いて、その大きさにたまげた。

普通のあんぱんの3倍はあろうかというデカさだ。

その時、思ったのだった。

「あのあんぱんが食べたい」と。


留置場では甘味に飢えている。

出所後、いの一番にそのあんぱんを探したのは言うまでもない。

蒲田駅前のあんぱん屋さん、まだあるのだろうか?

あなたのあんぱんは、人生最高の甘味でしたよ。


最近は、あんぱんではなくチョコにハマッているShiozyである


-----------------------------------------------

『妻のために生きる』好評発売中!!
ネット販売「e-hon@夢しょぼう」でどうぞ。

↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ


<Shiozy、やめるってよ>

  • 2013.05.24 Friday
  • 15:47
 

『桐島、部活やめるってよ』

読んだ人も、読んでない人もいるだろうが、

朝井リョウの青春小説である。


人生には決断の時、というのがある。

ほんとはやめたくないのに、渡世の義理でやめざるをえない。

あるいは、覚悟を示すために、決然とやめる。

あるいは、イヤでしょうがないから、やめる。

決断の理由はさまざまだが、

人生には「やめる」という事態が出来するものだ。



さて、突然ですが、Shiozyの「やめる」決意はどれでしょう?

以下の三択から、選びなさい。(配点:5点)


1、Shiozy、タバコやめるってよ。

2、Shiozy、男やめるってよ。

3、Shiozy、道場やめるってよ。


答えは、























教えない。


どれかひとつに正解がある。

いずれブログネタにできるまで、待つがいいぞっ。


-----------------------------------------------

『妻のために生きる』好評発売中!!
ネット販売「e-hon@夢しょぼう」でどうぞ。

↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。



<幸運のおすそ分け>

  • 2012.12.30 Sunday
  • 14:57
 

私の来年の運勢はゼッコウチョー。らしい。

億万長者になる年。らしい。

幸運は独り占めしてはいけない。

広く万民に分け与えるべし。

ということで、ブログ読者さん限定のおすそ分けである。

しっかり拝んで、Shiozyの運の万分の一でも享受するがよいぞ。


運勢

↑↑Shiozyの来年の運勢


ちょっと得した気分でしょ。

来年は、「幸せ配達人」を目指すShiozyである。

良いお年をお迎えください。


-----------------------------------------------

『妻のために生きる』好評発売中!!
ネット販売「e-hon@夢しょぼう」でどうぞ。

↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。



<初めてのジャパネットたかた>

  • 2012.09.18 Tuesday
  • 13:53

 
「ジャパネットたかた」初体験である。

テレビやラジオで毎日のようにCMを聞いているが、

これまで注文したことがなかった。

「これ、欲しいかも?」と思えども、電話する勇気はなかった。


今回、初めて勇気を奮ったのである。

購入したのは、これである。

タニタ


タニタの「インナースキャン」。

カラダまるごとチェック体組成計である。


そういえば最近、体重を量ったことがないなあ。

毎週二回、道場で鍛えているから、

さぞかしスリムになっているに違いない、と思えども、確証がない。

体重を量るのなら、ついでに体脂肪も計りたい。

欲に欲をこいて、タニタの「インナースキャン」なのである。

体重、BMI、体脂肪、筋肉量、骨量、内臓脂肪、基礎代謝、アクティブ度

が計れるスグレモノなのである。


で、道場へ行く前と、稽古をした後の変化を調べてみた。

体重 63.5 → 62 (マイナス1.5)

BMI  22.8 → 22.6 (マイナス0.2)

体脂肪 17.3 → 15.7 (マイナス1.6)

内臓脂肪 11.5 → 11 (マイナス0.5)


筋肉量 49 → 49.5 (プラス0.5)

骨量 2.7 → 2.7 (変わらず)

基礎代謝 1391 → 1405 (プラス14)

アクティブ度 90 → 92 (プラス2.0)


減ったほうがいいものはそれなりに減り、

増えたほうがいいものはそれなりに増えている。

特筆すべきは、体脂肪のマイナス1.6であろう。

素晴らしきかなShiozyの肉体である。

(誰も言ってくれないので自分で言ってみる)

週二回の道場通いにますます熱が入るのである。



業務連絡:永田先生へ
明日は仕事で周南市泊まり。
申し訳ありませんが稽古はお休みいたします。
いえ、本当は仕事より稽古のほうが好きなのですよ。


-----------------------------------------------

『妻のために生きる』好評発売中!!
ネット販売「e-hon@夢しょぼう」でどうぞ。

↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

<舞子のスタート>

  • 2012.09.14 Friday
  • 11:05

 
朝から吉報が届いた。

いい一日スタートの予感がする。


親子ほど年が離れた、

いや娘より若いハタチすぎの女の子からもらうメールに

心がワクワクしないはずがない。

それが吉報とあらば、なおさらである。


ソアラで5回ほど文書表現@就職支援講座を担当した。

そのなかで一番熱心に聴いてくれたのが彼女だった。

私の本を読んで、こんな感想をくれたりした。


------------------------------

塩崎さんの本の中で、

奥さんの秀子さんがおむすびを片手で作るという話がありましたよね。

あれ、凄くほっこりしました。

また、積極的に物事に取り組む姿が目に浮かびました。

私も、頑張ろうって思えました。

------------------------------


彼女の書く文章はしっかりしている。

立ち居振る舞いもしっかりしている。

リーダーシップもある。

そんな彼女でも就活には苦戦していた。

苦節半年。

ついに内定を勝ち取ったのだ。

おめでとう舞子。


------------------------------

塩崎さん

ご無沙汰しております!

就職支援研修でお世話になった○○舞子です。

お元気ですか?

今日は、いいご報告が出来ます! わーい!

本日、第一志望のメルセデス○○○株式会社より内定を頂きました!

ソアラさんで研修して、そこで培ったものが存分に出せたからこそ

勝ち取ることが出来た内定だと思います。


ご指導ありがとうございました!!

また改めてご挨拶にお伺いしたいのですが、

塩崎さんはいつソアラにいらっしゃるんでしょうか?

ご連絡お待ちしております!!!

------------------------------------------


舞子のスタートも希望に輝く。


-----------------------------------------------

『妻のために生きる』好評発売中!!
ネット販売「e-hon@夢しょぼう」でどうぞ。

↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

<熱中症の幼き命>

  • 2012.09.05 Wednesday
  • 10:09

 
その「事件」は、猛暑日の8月31日に起こった。

密閉した車の中で、幼き命が熱中症で死亡した。

その日外気温は35度を越えていた。

おそらく車内は40度以上の高温であったろう。

そこに長時間放置されれば、幼き命はひとたまりもない。

座席の下にうずくまるように死んでいたという。

少しでも日の当たらない場所へ避難したと思われる。

幼き命の必死の抵抗だったろう。


車に放置した親の顔が見てみたい。

いや、その親を探し出して<八つ裂き>にしてやりたい。

いや、この世の中から根絶してやりたい。




車に閉じ込められて死亡した「幼き命」。

その証拠写真がこれである。











そんな写真を公開してもいいものか。










きっと気持ち悪くなるに違いない。











見ないほうがいいと思う。。。
















仕方ない、公開しよう。







これである。

ゴキ




わしの車の中で死んでいたゴキちゃんの「幼き命」。

親を見つけて根絶やしにしてやりたい。(怒)


ゴキちゃんが、世の中で一番嫌いなShiozyである。


-----------------------------------------------

『妻のために生きる』好評発売中!!
ネット販売「e-hon@夢しょぼう」でどうぞ。

↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

<草刈りボランティア>

  • 2012.08.26 Sunday
  • 10:00

 
本日は早朝より草刈りボランティアである。

子供たちの新学期開始にあたり、通学路を草刈りするのであるが、

これがなんともはぁ大変なのである。

通学路は、Z坂(ゼット坂)と呼ばれるほどの急傾斜。


今をさかのぼること(ここはちょっと掛詞ね)二十年前、

それは娘が小学生の時のことであるが、

Z坂(ゼット坂)を登って帰宅した娘がいきなり切れた。

「わたしもう、イヤ。がっこ変わりたい」

「どうしたイジメにでもあったのか?」

「Z坂(ゼット坂)がシンドすぎる」

と弱音を吐いたほどの急斜面なのだ。


その斜面を、足を踏ん張りながら草を刈る。

ときどき足を滑らせて転げ落ちそうになる。

足腰の弱った高齢者団地の住民にとってかなりな負担である。

一時期は百人ものボランティアが参加したというのに、

本日はたった20人ほどである。

情けない。。。


しかし、考えてもみたまえ。

世界遺産宮島を眺めながらの草刈りである。

こんな至福の場所がどこにあろうか。

つまり、世界一ぜいたくな草刈りなのだ。

金を払ってでも参加したまえ。 (誰に言ってるんだ)


草刈り
写真左側に宮島を望む(映ってないけど)



あぁ、ぜいたくな日曜日だのうぅぅぅぅ。

熱中症になりかかったShiozyの負け惜しみである。


-----------------------------------------------

『妻のために生きる』好評発売中!!
ネット販売「e-hon@夢しょぼう」でどうぞ。

↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

<今日の晩ご飯>

  • 2012.07.28 Saturday
  • 18:53

 
粗食のShiozyである。

血の滴るようなステーキなどもってのほかである。

いわんや、土用の丑の日にウナギを食するのは、

非国民の所業である。

武士たる日本国民は質素を旨とすべし。


ということで、わしの夕食である。

とうもろこし


主食のとうもろこしはナマである。

今朝採ったばかりのもろこしは、果物みたいに甘い。

ビールに焼酎にもろこし。

日本国民の正しい夕食の在り方である。

今日はちょっとぜいたくに、イカの刺身なぞを配してみた。

殺生をしてしまったShiozyである。


ちなみに、昨晩の夕食はこれである。

ピーナッツ


殺生などしていないのである。



日本国民に告ぐ。
飽食するなかれ。


中学生時代から約半世紀。

体重は3キロしか変動していない。


そこの奥さん。うらやましいだろう。

Shiozyは、ワイルドだぜぃ。



おまけの写真。

とうもろこし

ベビーコーン。

全然ワイルドじゃないな。


-----------------------------------------------

『妻のために生きる』好評発売中!!
ネット販売「e-hon@夢しょぼう」でどうぞ。

↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

<クローズアップ現代>

  • 2012.07.06 Friday
  • 11:07
 

日本政策投資銀行というなにやら イカ飯げな 

もとい、いかめしげな名前の銀行がある。

さぞかしお堅い役所みたいなところに違いない。

と、こう、偏見そねみ決め付け意思堅固に思っていたのだが、

なかなかどうして「やわらかい」のである。

「女性新ビジネスプランコンペティション」

なんていう、女性企業家を育成する事業も行っているのだ。


その第一回「女性新ビジネスプランコンペティション」の

優秀賞にソアラサービスのゴライが選ばれた。

「ま、まさか選ばれるとは思ってもみなかった」とは、本人の弁であるが、

本心は「必ず取ってやる」だったに違いない。


その辺の真意は↓↓こちらで確認。

本日の中国新聞朝刊インタビュー記事
ゴライ


さて、受賞自体も快挙であるが、もうひとつ更なる快挙がある。

この受賞に絡み、あのNHKが特集を組む。

なんと、「クローズアップ現代」に登場である。


◆NHK「クローズアップ現代」

 起業に挑む女性たち
〜密着 新事業ビジネスコンペ〜

7月11日(水)19:30〜19:56


オーノー、この時間は所用があって見られないぞなもし。

我が家のテレビは録画機能がない。どうすべー。。。


見逃した人はここで見ること。(おっ、わしのことか)



たまにはブログを書かないとね。(汗が滴るShiozyである)


おまけの写真

おうじ
本文とは何の関係もありません。。。


-----------------------------------------------

『妻のために生きる』好評発売中!!
ネット販売「e-hon@夢しょぼう」でどうぞ。

↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

shiozyの愛飲焼酎はこれ。

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM