中国新聞エッセー<No43 夫婦の体温>

  • 2007.04.09 Monday
  • 11:44
 『これがオヤジの生きる道』 NO43


  夫婦の体温

  手をつなぎ 互いを実感



 (2007年4月8日付、中国新聞Dの頁掲載)



↓↓紙面はこんな雰囲気ね。
【画像:76195.jpg】



広島は地方選挙投票日という気ぜわしい日に、

なんとのう場違いですが、

気恥ずかしい提案が二つあります。


団塊世代の夫婦にとっては、何を今更なことですが、

「夫婦は一緒に寝ましょう」というのが一つ目の提案です。

「この年になって、そんなウザイことできますか」。

そうお考えですね、奥さま。

「この年になった」からこそ大事なのです。


前にも、このエッセーで書きましたが、

私は妻の秀子が脳梗塞で倒れた時、

十三時間、気づかずに放っておいてしまいました。

朝起きてこない秀子に、

「ゆっくり寝かせといてやろう」と

仏心を抱いたのがまちがいでした。

朝の時点で気づいていれば、

もっと軽くてすんだだろうと思うと、後悔しきりです。


この時、私は一階の居間で、秀子は二階の寝室で寝ており、

いわば「家庭内別居」状態でした。

朝起きてこない秀子を、「時間だよ」と下からさけんで、

ウーとかウンとか聞こえたような気がして、

つい、二階に上がりもせずに、仏心を出してしまった。

これが失敗でした。


おそらくその時、助けを呼んでいたに違いない秀子は、

会社に出て行くドアの音が、

地獄のドアが開く音に聞こえたはずです。

同じ部屋で寝ていれば、

こんなことにならなかったのに。

もっと早く気づいてやれたのに。

そう思うからこそ、

「夫婦は一緒に寝ましょう」なのです。

あっ、ベッドは別々でいいですから。


もう一つは、「手をつなごう」です。

「一緒に外出するのもイヤじゃわい」。

そんなつれないことを言わずに、

お願いしますよ、奥さま。

男は照れ屋ですから、自分からは言い出せません。

ここは一つ、奥さまのほうから、

それとなく手を握ってほしいものです。

手を握るのが恥ずかしければ、

「腕を組む」でもいいですから。


なぜ「手をつなごう」などと言い出したかというと、

私自身に新鮮な感動があったからです。

リハビリが進んで、自立度が増した妻の秀子は、

最近外出の際に、つえをつかなくなりました。

平たんな道なら自力で歩くようになりました。

しかし、ほんの少しの段差や坂があると、

やはりよろけます。

そんな時、無意識のうちに私の手を握ります。

その体温がたまらなくいいのです。

夫婦だな、と実感できるのですよ。


     ●


【一度つっこんでみたかった読者さんの弁…ノロケかい】

(ブログ「Shiozyの介護生活」運営者=廿日市市)



-------------------------------------------------
↓↓夫婦の体温冷えてます、と思ったらカチッとね。



山田さんちこちらも応援よろしく
コメント
日曜日にエッセーを読んでドキッとしていたものですから早くアップされないかなぁと思っていたんです。神経質な主人はそばで寝返りしても目が覚める人で、子供が生まれてからずっと家庭内別寝室です。年取って(まだ若いですけど?!)真夜中に何かあったら朝まで気が付かないだろうと思います。シャイな人だから昔から手をつないだり腕を組んだりなんてとんでもない・・・!亭主関白頑固ジジィだった(わっ!失礼)Shiozyさんも秀子さんが倒れるまではそうでしたか?うちの主人もいつかかわるのかしら・・・。でも急に優しくなったら気味悪いかも。
  • しょうママ
  • 2007/04/09 12:52 PM
おっしゃる通りだと思います。但しYシェフ、一緒に寝ていたって、とても異変に気づいてくれるような人ではありません。こんな場合はどうしましょうね。お互いにロープでつないでおく?
お医者さんがEPOMは病気ですと太鼓判を押してくれた頃から手をつないで歩くようになりましたし朝ごはんも一緒に食べることにしました。ベットは70センチ離れていたのをくっつけました。気分は妻出て行かれた兄と嫁き遅れたままの妹という設定です。
  • EPOM
  • 2007/04/09 1:31 PM
しょうママさん。こんにちは。しょうママさんのところはまだ若いから、そんなに心配しないでいいでしょう。むしろ、ご両親にお勧めください。私は「亭主関白頑固ジジィ+殴る夫」でしたからねえ。そんな私でも変われたのですから、ご主人もいつかきっとね。(笑)
  • Shiozy
  • 2007/04/09 2:16 PM
日替わり弁当さん。こんにちは。寝てる時は、私も超熟睡なので、気づかないと思いますねえ。ロープよりバットかゴルフクラブのほうがよろしかろうと。。。
  • Shiozy
  • 2007/04/09 2:16 PM
EPOMさん。こんにちは。手をつないで歩いてますか。いいですねえ。手の温もりがいいでしょ。兄妹仲良くね。(笑)ベッドは離したままでよーーし。
  • Shiozy
  • 2007/04/09 2:16 PM
ブログの中に男は照れ屋なので奥様から手を握っては・・・と提案がありましたが、手はつないでも妻の心は夫から遠く離れているかもしれませんよ(と意地悪を言ってみる) まず自分から歩み寄る(手遅れになる前に)ことが大切じゃないでしようか。 それと過去の記事の中で周南SNSが見られないと書いてあったのでメールで招待状送ってあります。 広島・山口のブロガー交流に役立つといいのですが。
  • misae
  • 2007/04/09 3:01 PM
「ゆんべお宅息してなかったよ。無呼吸症候群とかじゃないの」と言ったら「余計なお世話ョ。私はPPKで逝きますからね」と軽くいなされました。ピン ピン コロリンの略だそうです。そんなに上手くいくか〜〜〜?
shiozyさん、はじめまして。 ずっとファンでロムっていました。 お優しいですよね〜。 私。。50を過ぎた頃から事故や怪我得意なんです^^;挙句に病気持ち。。私も主人や子ども達にすごく助けられている日々を送っています。 主人もそんなこと思っているのかなって^^;v 心温まります。 ∴手を繋いで寝たり歩いたりしてま〜す。いびきうるさいんだけど。。。我慢我慢♪
  • おっちょこおばさん
  • 2007/04/09 4:54 PM
misaeさん。こんにちは。妻の心は遠く離れていても、夫の体温で溶かせてみせる。なんちゃって、歯の浮くようなこと言ってみる。(汗)周南SNSの招待メール届いてないような。。。(最近、迷惑メールと間違って、削除するケースが増えている)
  • Shiozy
  • 2007/04/09 6:07 PM
湘南ジージさん。こんにちは。「ピン ピン コロリン」は、理想とするところですよねえ。誰しもそう思うのでしょうが、世の中そんなに都合良くは行きませんよね。「余計なお世話」はチト辛いかも。(笑)
  • Shiozy
  • 2007/04/09 6:08 PM
おっちょこおばさん。はじめまして。ようこそコメントくださいました。「手を繋いで寝たり歩いたりしてま〜す」って、私よりうわてをいってるじゃありませんか。ごちそうさま。(笑)旦那さんやお子さんが優しくていいですねえ。病気持ちのおからだ大切に。ご自愛くださいよ。
  • Shiozy
  • 2007/04/09 6:08 PM
お久し振りです。秀子さんの回復は素晴らしいですね。病気になって、気づいた事の 一つが、夫の手の暖かさでした。若い頃から、手をつないで歩く習慣はなかったのですが、病気になって、色々な場面で、夫の手は命綱のようでした。手のぬくもりは、心まで温かくしてくれます 数十年前、新聞での投稿歌だったような気がしますが、「握りしむる暖かき君の手を信じ未来を託 心きまりぬ」この歌を作った人も初老を迎えて おられることでしょうが、なぜか時々思い出しています。秀子さんも、暖かい手の温もりを感じて おられる事と思います。
  • ゆう@ひでこ
  • 2007/04/09 7:19 PM
初めてコメントさせて頂きます。実はこのブログが広島ブログに登録されてから,最近まで読むのを避けていました。理由は・・・両親のことそして一人っ子である私のことと重ねて見てしまい辛かったからです。Shiozy 様の家の事情と我が家の事情もちろん違いますが・・・母が股関節の手術を繰り返し10年以上前に松葉杖の生活となり,2年前に亡くなる頃には軽い認知症でした。父は松葉杖で歩く母が転んでも起こしもせず罵倒するばかり。呆けが始ってからも暴言の連続で,一人っ子である私が母の介護をしていました。それは当然のことなのですが,ただ…父にたくさん傷つけられた母の苦しみを思うと,母にも秀子さんのような幸せを感じて欲しかった…と悲しくなってしまって…もちろんそれは夫婦の問題で私にはどうしようもないことなのですが。でも最近やっと微笑ましく読むことが出来るようになり,最初から全部読ませてもらいました。ですが今日の記事には思わず泣いてしまい,本当はメールでもと思ったのですがアドレスもわからずこちらに書かせて頂きました。自分のブログでも少しずつ母のこと父のことなど書くことができたらと思っています。ただ…Shiozy 様のように明るく冷静に書けるようになるにはもう少し時間が…そして何より文章力が…こんな私ですがこれからも楽しみに読ませて頂きますので必ず毎日更新のほどよろしくお願いします。なのでパソの購入も是非ご検討ください。はい…余計なお世話かも…?
ゆう@ひでこさん。こんばんは。お久しぶりですねえ。お変わりありませんか。ゆう@ひでこさんも、うちの秀子と同じ病で、頼るべきは杖ではなく、伴侶の手の温もりですよね。前に一度だけお会いしたご主人は、大変たいへん優しそうな方でした。「握りしむる暖かき君の手を信じ未来を託す心きまりぬ」←この歌の通りのかたでしたねえ。
  • shiozy
  • 2007/04/09 9:52 PM
indiancatさん。こんばんは。はじめまして、と言ってみたものの、よく見たら「印度夢想雑記猫風味」さんじゃありませんか。ようこそです。お母さんのことを思うと、つらいですねえ。少しだけ、お父さんの弁護をすると、口では罵倒したり罵ったりしているように見えて、実はそうではない夫婦の間でしかわからない労わりがあったのではないかと思いたいですね。いや、そう思いましょうよ。ブログに書けるかどうかは別にして、お母さんのことを語ってあげるのが供養ではないかと思ったりもします。涙無くして語れないかもしれませんが、いつかどこかで語ってあげましょう。
  • shiozy
  • 2007/04/09 9:53 PM
なるほど、そうなのねということですね。何度もお聞きした話しながら、大切なことです。だんだんと夫婦の距離ができてきたうるとら夫婦でした。
ほんとだ!shiozyさんの本名でネット検索したら、私のサイトが出てきますね。びっくり!
塩爺様 私信になりますが広島ブログと山口ブログの交流のため、周南SNSの招待状送りますのでメルアドこちらまで送信お願いします。
  • misae
  • 2007/04/09 11:24 PM
これ、すごく感動しました。関連記事書こうかと思ってます。ちなみにうちの両親、かれこれ35年以上ダブルベッドです!
子供が増えたので、ひと部屋に入らず@あんこやさんがハミ出ました。何かあっても私は気づかれませんね(苦笑)「誰か来ん?」「イヤ」「ふんだ!」やっぱりひとり寝でございます。
  • あんこや
  • 2007/04/10 8:03 AM
私は結婚以来同室です。先日はなまるさんに公開済みです。 私は手を繋いで歩く夫婦として有名でしたが最近は広い横断歩道以外手を繋ぎませんねえ。 私はどうも人の体温が好きでなく苦手です。 特に男性は苦手なので時としてしばくこともあります。女性ばかりの職場にいた後遺症です。
  • 初ちゃん
  • 2007/04/10 9:26 AM
うるとらはるくさん。おはようございます。私の本名検索で、うるとらはるくさんのサイトがトップ表示。「グーグルよ、おかしいんとちゃうか」一人つっこみ入れてしまいました。(笑)はるくさん興奮のあまり、5個もコメントアップしてましたねえ。(ブログの調子が悪かったのでしょうかね?)
  • Shiozy
  • 2007/04/10 9:37 AM
misaeさん。おはようさん。いろいろお気遣いありがとうございます。どのメルアドを送りましょうかね。のちほど、メール入れておきます。
  • Shiozy
  • 2007/04/10 9:37 AM
なほさん。おはようございます。創作意欲がわきましたでしょうか。うれしい反応です。楽しみに待っております。「35年以上ダブルベッド」←ま、まさか、これがネタでは?(私はそこまで言った覚えはないぞ)
  • Shiozy
  • 2007/04/10 9:38 AM
あんこやさん。おはよう。ランキングからはずれて、見に行くのについつい忘れがち。すんません。若い時は一人寝に限ります。子どもを誘惑しても、それは無駄な抵抗だと悟るように。(笑)
  • Shiozy
  • 2007/04/10 9:38 AM
初ちゃん。おはようございます。「同室、手をつなぐ」←理想的なご夫婦です。「男性は苦手で、しばく」←オフ会のとき、私は初ちゃんの手をマッサージした記憶が。。。しばかれなくてよかったですぅ。(笑)
  • Shiozy
  • 2007/04/10 9:42 AM
今回は意識的に、後出しジャンケンです。(笑)日曜日に記事を見て以来、どんなコメントが殺到するか、すっごく楽しみにしていました。ほぼ予想通りではありましたが、ちょっとだけ物足りない感じもしました。夫婦のコミニュケーションは多種多様で、同じベッドに寝ているから仲が良いとは限りませんしね。私自身はとても寝相が悪いのと、寝る時間が2〜3時間遅いので(オットは22時には寝る)勘弁してくれと思います。そのかわり毎晩、狭いお風呂に一緒に入って背中の流しあいこをします。えっ?おのろけではなくて、ガス代を節約するため!そう、ただそれだけの事ですよ。(汗)
  • zinzin
  • 2007/04/10 10:46 AM
はい。先日、初ちゃん宅の夫婦の寝室??を見せていただきましたぁ^^。でも、頭同士?足同士?どちらからでも^^bアレいいですねぇ!もう、顔も見たくも無いのに同室を押し付けられている我が家には、クイーンサイズのベットでもこれには、スゴ〜ク納得でした!!。
  • はなまる
  • 2007/04/10 11:19 AM
zinzinさん。こんにちは。お久しぶりじゃありませんか。コメント殺到には至りませんでしたが、アクセス数はかなりのものでしたよ。(笑)「背中の流しあいこ」←へへっ、参りました。いくらガス代節約と言っても、ここまではできませんねえ。私は「三助」で、一方的に洗うだけです。(苦笑)
  • Shiozy
  • 2007/04/10 12:43 PM
はなまるねーさん。こんち。わざわざ初ちゃんちの寝室見学に行ったのですか。(笑)「頭同士?足同士?どちらからでも」←これってどういう状態なんですか?ブログのどこかに書いてあったかなあ、と思って見てみましたが、ないような。。。いつか具体的に寝室描写をしてくださいな。(←人ンちの寝室を書くでないぞ by 初ちゃん)
  • Shiozy
  • 2007/04/10 12:44 PM
子供のころから(家が狭いこともあって)両親は 一緒に寝ていたため 夫婦は一緒に寝るものだと それが当たり前だと思っていました。 いつ頃でしょうか・・・・? 別々に寝る夫婦がいることに、驚いたことがあります(笑) 私の従妹が結婚するとき 祖父が従妹に言ったそうです。 「いくつになっても、夫婦は一緒に寝なさい、そして、時々手を繋ぎなさい」と・・・・・。 そんなことを思い出しました。 その祖父は 90過ぎて、ボケてますが元気です。 もちろん、その傍らには 祖母がいます。
千秋−せんしゅう−さん。お久しぶりです。ブログをお持ちだったのは、初めて知りました。それもちゃんと「広島ブログ」に登録してあったなんて。早く言ってよ、でした。(汗)住環境の悪かった時代、夫婦親子みな一緒の部屋に寝るのは当たり前でしたよね。お祖父さんのアドバイスは、至言です。昔は、「一緒の屋根の下に暮らす」という言葉が、「一緒に部屋に寝る」というのとイコールでした。「一緒の屋根の下に暮らす」つまり家族としての連帯感が、時代とともに薄れてきているのかもしれませんねえ。
  • Shiozy
  • 2007/04/11 8:32 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
shiozyさんの中国新聞掲載エッセイ『夫婦の体温』を読み、 それに影響されて描いたマンガです。 (shiozyさんのブログはこちら→『shiozyの介護生活』) 皆さんは、手をつないでますか
  • 山田さんち
  • 2008/01/16 12:03 PM

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

shiozyの愛飲焼酎はこれ。

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM