中国新聞エッセー<No46 ウソつき塩爺>

  • 2007.04.30 Monday
  • 12:33

 『これがオヤジの生きる道』 NO46


  妻と一緒に就寝

  見え張り提案 本当は…



 (2007年4月29日付、中国新聞Dの頁掲載)



↓↓紙面はこんな雰囲気ね。
【画像:76204.jpg】



実は私、このエッセーにウソを書いてしまいました。

見えを張ったばっかりに、

事実と違うことを書いてしまいました。

八日付のエッセーに、

「夫婦は一緒に寝ましょう」などと、

まるで自分が実践しているかのように書いたのでした。


その日の朝、

起きてきた妻の秀子が、このエッセーを読むなり、

「ウ、ウソ」と鋭く指摘しました。

初球を投げたピッチャーが、

いきなり場外ホームランを打たれた心境。

いや、味方だと思った人に後ろから殴られた心境かな。

効いたなあ、このひと言。


本当のことを言うと、


同じ部屋ではなく、私は隣の部屋で寝ております。

秀子が介護ベッドからふとんに寝るようになった時、

同じ部屋で寝ようと実行したのですが、

いびきがうるさくて寝られないといって、

追い出されたのでした。

以来、私は隣室で寝ております。

ただし、お互いの部屋のドアは開けたまま。

私は右耳が聞こえないので、もしもの時の対策です。


自分が実践できないことを、他人に提案するんじゃないぞ、

とおしかりを受けるかもしれませんが、

われわれの世代には大事なことですので、

あえて「一緒に寝ましょう」と書いたのでした。


この提案、実は反響が大変大きかったのです。

近所の人からは、「うちも一階と二階別々なのよねえ」と、

深刻そうに言われましたし、

読者さんから直接、家に電話までかかってきましたからね。

そして、ブログへのアクセス数は過去のエッセー中、

最高を記録しました。


この反響の大きさをみると、

それだけ「健康への不安」が大きいのだろうと思います。

今は夫婦とも元気だからいいけれど、

もし連れ合いが突然倒れたら…。

それを考えると、

私のケースは人ごとではないのかもしれません。


直前まで元気に長生きをして、

寝ているうちに安らかに旅立つという

「ピンピンコロリン」が、

理想的な老後のあり方だと願ってみても、

これがかなうのはわずかな人だけ。

看護・介護のお世話になるのが大半でしょう。


もしそうだとしたら、

「早期発見」の手だてを講じておかないとね。

という意味で、

「夫婦は一緒に寝ましょう」は大事なことのように思えるのです。

ウソつき塩爺をお許しあれ。


     ●


【塩爺の見え…いびきで追い出されたのを隠すんじゃないぞ】

(ブログ「Shiozyの介護生活」運営者=廿日市市)



-------------------------------------------------
↓↓たまには見えを張らないとね、と思ったらカチッとね。

山口ブログもよろしくね。


山田さんち
こちらも応援よろしく

コメント
いつも面白く拝読させて頂いています。 先般の「一緒に寝よう」は身につまされるところがあり、家内に塩爺さんの2つの願いを早速、話しましたが答えは「no-!」でした。夫々が別々の 部屋で勝手にTVを見たり、本を読んだり、否 傍で大鼾をかかれたのでは安眠妨害も甚だしいし(これはお互い様ですが、本人は気付いていない) 何よりも異物の存在が”うざったい”が本音。 但し、更年期障害の極限の頃は親切心で物も言わず 朝飯を食って仕事にでかけたものですが、後で生死も確認せずに出て行く非情な男と言われたりで、その後は「生きとるか?」が引き戸を開けての確認作業になりました。然し、おっしゃるように塩爺さんの同床推奨後も現状のままです。かって同僚の奥さんは旦那が夜遅く仕事から帰ったら玄関口で倒れて 亡くなっていたとあとで非常に後悔していました。 貴方が14,5時間も秀子さんの異変に気付かれなかった時の心情本当によくわかりますね。 今後ともお大事に。
  • suzawa susumu
  • 2007/04/30 1:22 PM
昨日のお疲れが出ませんか?このエッセーはちゃんと読んで帰りましたよ。新聞記事はまたお願いするかもしれませんので、よろしく。m(__)m 次掲載された時も教えて下さい。(^^♪ 妹一家は今、行橋まで帰ったらしいです。
奥様の一言が効きましたね。しかし、告白後はすっきりもされたのでは? 私はちょっとした文章でも、書いた後で後ろめたいというか時には自己嫌悪に陥ったりすることがよくあるのです。最近その理由にようやく気付きました。私の場合、書くときに知ったかぶりをしたり、通(つう)の振りをしたりしてカッコつけようという気持ちが無意識のうちに働いていたのです。あるがままに、偉そうにも卑下もせずプラマイゼロで書くことを自分に戒めている昨今です(実行できているとは言えませんが)。私の告白でした。
  • アキュ
  • 2007/04/30 7:48 PM
こんにちわ!今日も、面白いですね! 自分は、昨日は、夫婦喧嘩で、別々の、部屋で就寝しました!歳を、取るごとに、段々離れる様な気がしますが・・・気のせいかな??
  • titiy
  • 2007/04/30 10:04 PM
titiyさん。こんばんは。「喜怒哀楽愛憎離別」すべてひっくるめて、夫婦であり家族なのですから、大いにケンカしましょう。(笑) ベタな関係だけが仲良しではないのですよ。
  • Shiozy
  • 2007/04/30 10:20 PM
あらあら、そういうことだったんですね〜。まあまあ正直に告白したので許してあげましょう。(shiozyさん、うるさいいびきどうにかならないの?)
  • レモンティー
  • 2007/04/30 11:24 PM
suzawa susumuさま、あーとさん、アキュさま、昨晩アップしたコメントの返事が、なぜかしらん消えてなくなりました。もうしわけありません。初めてご訪問くださいましたsuzawa susumuさま、アキュさまには伏してお詫び申し上げます。お二人には、長いレスをお返ししたのに、なんともはや涙です。どこに行ったんだ、Shiozyの返事は? 狐に化かされたような心境です。
  • Shiozy
  • 2007/05/01 9:28 AM
こんにちは。 ウチは同床異夢の夫婦かも・・・ははは! あら、Shiozy サマも右耳が聞こえないんですか? 実はわたしも聴神経腫瘍摘出の後遺症で聞こえないんです。 同病相哀れむですね。
女社長さん。おはようございます。突発性難聴で、もう十年近くセミを飼ってます。最初はイライラし通しでしたが、最近はもう慣れました。とはいえ、会議等は聞き取れなくていやですね。女社長さんもお大事に。
  • Shiozy
  • 2007/05/01 9:59 AM
こんにちは。我が家はコーポなので、仕方なく?夫と子供と4人が団子で 寝ています。夫に言わせると「お前のほうがいびきがうるさいからオレが なかなか寝られん」そうです・・・。 夫婦が長いと長所短所、それぞれで学ばせてもらうことが 多いです。私らもまだまだこれからなので、仲良く助け合って いけたらと思います。(^^)
私はバタンキューの熟睡派(&おおいびきだそうです)、主人はかすかな物音にも目が覚めるこてこての不眠症。これから先、子供たちが巣立っていっても二人で同じ部屋ってありえないかも。旅行に行ってもシングル2部屋頼む有様。だって仕方なくツインになってしまったら、私キンチョーしまくりですもん。(寝たような気がせん!)せっかくのご提案ですがあしからず・・・。
  • しょうママ
  • 2007/05/01 1:01 PM
見つかっちゃいましたね。そうです。「秀子さん」のファンです。毎日曜日、中国新聞の「団塊」楽しみに読んでいました。えっリログってあるの ? じゃーshiozyさんの日常にお会い出来る。やっぱり入ってよかったと満足しています。 大人の会話が多いし、70歳過ぎたレイにはこのリログ、考えさせられたり、楽しかったり・・・ 広島は安佐南のお山の上に住んでいます。こちらの団地に入って32年、高齢化がすすんでいます。かく言う私どもも子供の出て行った二階と階下に分かれて自由を謳歌しています。 PPK望むところですが、どうなりますやら、お互い干渉しないで、夜中にパソしたり、本読んだり。お隣に気兼ねなく好きな夜遊び? 出来ます♪ 本当はおっしゃる通りだと思いますが・・・
まゆぽんさん。こんにちは。なるべく「団子」状態を維持してくださいね。(笑)子ども達は少し大きくなると、自然に別室ということになるでしょうが、お父ちゃんとは意地でも同室にいてくださいね。
  • Shiozy
  • 2007/05/01 3:03 PM
しょうママさん。こんにちは。うちと正反対ですねえ。私はバタンキュー派。秀子は寝返り打っただけで眼が覚めるタイプ。まあ、同室は無理としても、うちのように隣の部屋で位は近くにいてくださいね。(笑)
  • Shiozy
  • 2007/05/01 3:03 PM
レイばーばさん。こんにちは。リログで見つけてびっくりしましたよ。リログは紳士淑女のブログサイトですから、心地がいいでしょ。ブログライフを楽しんでくださいね。少しマジに言いますと、私と秀子の例や、一番上のsuzawa susumuさんのお友達の例をがありますから、毎朝の声掛けだけは忘れないようにお願いしますよ。(笑)
  • Shiozy
  • 2007/05/01 3:03 PM
夜の生活の話、なんて、日本ではおおっぴらに語るモードにまだなっていないだけに、話せる機会って大切かもしれないですね。 ところで「ジャンヌダルク」の河野先生、参院選に出られるんですね!(こんなところで書く話でないかもしれません、ごめんなさい)
  • R21
  • 2007/05/01 3:24 PM
R21さん。ここにもありましたね。ってか、すごい最新情報ありがとうございます。河野先生がほんとに出馬するようなら、面白いだろうなあああ。
  • Shiozy
  • 2007/05/01 5:43 PM
わが家は夫婦一緒の寝室です。妻は別々にしたいのかも知れませんが物理的事情が許しません。「昨日はイビキで寝れんかった」と、時々文句を言われます。 私の目下の密かな望みは、新婚時代みたいに手をつないで眠ることだったりします。
六郎さん。こんばんは。手をつないで寝る。いいですねえ。こうやって口出して言えるところが、六郎さんらしいかな? ぜひ実現しましょうね。(蹴飛ばされたりして:笑)
  • Shiozy
  • 2007/05/01 6:39 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

shiozyの愛飲焼酎はこれ。

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM