<安芸の刀工−正光>

  • 2014.12.15 Monday
  • 12:51


年に一度は広島城を訪れるshiozyである。

「お刀ジジイ」だからである。

年に一度は刀の企画展が開催される。

今開かれているのは「安芸の刀工−正光」展である。

石橋正光
江戸後期から明治初期にかけて作刀。
北広島町(芸北)の屋敷跡はいまも残る桜の名勝地

美術刀としては、この刀が素晴らしい。
石橋正光

おそらく千振に一刀くらいしか得られないだろう絶妙な波紋。

美しさではこの刀が群を抜く。

素人受けするのはまちがいない。


しかし、私が目を付けたのはこの一刀。
石橋正光

刃長二尺四寸二分(73.3センチ) 反り3分(1センチ)

直刃(すぐは)仕立て 大切っ先 樋なし

まさに剛刀と呼ぶにふさわしい。

思わず「欲しい」と叫んでしまった。


剛刀、つまり実戦用の刀である。

幕末の頃、こんな実戦刀が必要とされたのか。

必要とされたのなら、ここからは私の妄想だが、

おそらく幕末の志士たちが愛用したに違いない。

パンフレットに、「浜田藩に300振献上」とあるから、

長州戦争での負け戦に使用されたものと思われる。

そんな悲しい歴史があるだろうものの、

刀の素晴らしさは変わらない。


居合で、二尺四寸の直刃仕立ての剛刀を

使ってみたいshiozyなのである。

欲しい。

-----------------------------------------------
↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

shiozyの愛飲焼酎はこれ。

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM