<文庫プレゼント>

  • 2015.08.04 Tuesday
  • 06:02
おかげさまで<先着5名様>決定しました。
開始1時間で完了。

本日発売の文庫<先着5名様>プレゼント
プレゼント本はこれね。
『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』 丸山正樹著 文春文庫
デフ・ヴォイス

『デフ・ヴォイス』とはなんぞや?
shiozyの読書感想文はこれ。
-------------------
一気読みである。
デフ=ろう者と、その両親のもとに生まれた
健聴の子=コーダの葛藤を通奏低音とし、
殺人事件を絡ませながらろう者の世界を描き出す。
ミステリーとしての面白さもあるのだが、
やはりなんといっても、
ろう者の世界を書き切った「凄み」に感動させられる。
手話はろう者の言語であり、
日本語対応の手話はいわば第二言語であること。
つまり、ろう者は独自の言語を持ち、
独自の文化を形成しているということ。
毅然たるその姿が美しい。感動の書である。
-------------------

なんと、この中の一文が文庫帯の紹介文に採用されたのである。
(たった一文だけど)
デフ・ヴォイス

読書メーターに書いた拙文が、著者丸山正樹氏の目に留まり、
カバー推薦として蘇ったのだ。なんという僥倖。
それを記念しての文庫プレゼント企画。
感動の書のおすそ分けである。

ご希望の方は、送付先(郵便番号、住所、氏名、電話番号)明記の上、
下記メルアドまで。<先着5名様>
外れた方は、自分で買って読むように。
shiozy@3kan.net

最後に余談だが、彼丸山正樹氏も妻の介護歴20数年である。
わしよりもっと過酷な現状であるが、共に同志である。
 

<お勧め読書038:一路>

  • 2015.06.24 Wednesday
  • 12:08




『一路』上下  (中公文庫 浅田次郎)

京都から東京まで徒歩で行くとしたら、あなたはどちらを選びますか?
1、東海道 2、中仙道

現代ならば、もちろん 1東海道だろう。

しかし、江戸時代なら、2中仙道が正解だ。

木曽谷、十曲峠、鳥居峠、塩尻峠、碓氷峠、

名だたる山岳地帯を越えていく中山道。

行くなら今でしょう。行くなら東海道でしょう。

と思うのだが、正解は中山道である。


東海道は53宿。中山道は69宿。

旅程的にも東海道有利であるのに、中仙道を選ぶ。

その理由は東海道の「川渡し」である。

東海道にとって、川は最大の障害であったのだ。

いったん「川止め」が起こると、いつ回復するかわからない。

旅人は何日も足止めをくらう。

乏しい旅費が底をつき路頭に迷う。

そんな思いをするのなら、

いっそ険しくても確実な中仙道、となるのである。


長い前振りであったが、

中仙道を参勤交代する物語が、この『一路』である。

浅田次郎にしては「軽すぎない?」という語り口であるが、

なかなかどうしてストーリーに吸い込まれるのである。

初の行列差配役を勤める供頭・小野寺一路の活躍。

うつけと呼ばれるお殿様の見事な変身。

脇役をかためる武士や奴や馬までもが、それぞれのキャラを発揮する。

理屈抜きに楽しめるエンタメ時代小説のお手本である。


<shiozyのお勧め度☆☆☆☆>
『一路』上下 単行本で税込み1,680円×2=3,360円。
高いと思う人は、図書館にいくか、文庫を読むがいいぞ。
「川止め」で待たされるのはイヤだと思うなら、中仙道を行くべし。

-----------------------------------------------
↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ


<お勧め読書037:涙垰―赤名・布野石見銀銅助郷公事>

  • 2015.06.19 Friday
  • 11:01




『涙垰―赤名・布野石見銀銅助郷公事』  (菁文社 戸塚らばお)

時代小説といえば、主人公は歴史上の英雄か、

あるいは想像上の造形人物というのが通り相場だが、

地方にも埋もれた傑物がいるのである。

弱者であるがゆえに、歴史のなかに埋もれてしまい、

光を当てられることはない。

そんな人物に焦点を当てて、果たして小説になるのか。

島根の小藩・広瀬藩の赤名宿二十一か村は、石見銀山の輸送荷役を担う。

島根県赤名から広島県三次まで七里(約28キロ)とはいえ、

そこに立ちはだかるのは名にし負う豪雪地帯。

馬も通わぬ険路を馬280頭人足500名で銀銅を運ぶのである。

この苦役に貧村は疲弊してしまう。

武士という権力構造に、強訴・一揆という実力行使ではなく、

公事(くじ:訴訟裁判)という一見穏便な手法をとった庄屋達がいた。

せめて赤名宿から布野宿までの3.5里に半減できないかと、

幕府に訴えるのである。

ここには、赤名と布野という貧宿同士の対立があり、

幕府という巨大な官僚機構が横たわる。

十数年の歳月を費やしても何の解決ももたらさない虚しさに、

ついには、銀銅を布野宿に置き去りにするという実力行使に及ぶのである。

強訴でもなく一揆でもない、百姓の意地の発露である。

若き庄屋・半平太は打ち首。

悲劇のうちに幕は降りるのだが、その父親は夢見る。

「峠を越えなくていい隧道(トンネル)を掘ろう」

それが現在の赤名トンネルかどうかは定かではないが、

そう思いたくなる歴史ロマンを予感させる。

吉田掛合から三次までの高速道路が開通した。

半平太の死から約200年後である。


<shiozyのお勧め度☆☆☆☆>
地方には、地方ならではの優れた作家がいる。
埋もれた史実を拾い集め、それを小説にしてみせる。
この戸塚らばおもその一人だろう。
この「涙垰(なみだたお)」を読んでいる途中に、
どこか「既視感」に見舞われた。
蔵書を探ってみると、あった。
既読の作家だった。
私より二歳上の三次在住の作家。戸塚らばお。
お会いしてみたいものだ。
「涙垰―赤名・布野石見銀銅助郷公事」
三次市の地方出版社・菁文社(せいぶんしゃ)刊
戸塚らばおとこの出版社にも拍手を贈ろう。

-----------------------------------------------
↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

 

<お勧め読書036:注文の多い注文書>

  • 2015.06.16 Tuesday
  • 12:03




『注文の多い注文書』  (筑摩書房 小川 洋子,クラフトエヴィング商會)

小川ワールドの新境地誕生か。

クラフト・エヴィング商會とのコラボレーションは、

さながらジャズの即興演奏に似て、

両者の真剣勝負緊張感がたまらなくいい。

小川洋子の投げた変化球を、

クラフト・エヴィング商會が絵と文で打ち返す。

そこに奇妙なお話の世界が広がり、

読者を「大人の童話の世界」に誘うのである。

構成・装丁・文体、どれをとっても一級の仕上がりである。


<shiozyのお勧め度☆☆☆☆☆>
「ないもの、あります」
この世に存在しそうにないものの発注を受けて、
それに答えを出していく発想力が素晴らしい。
文章だけでなく、映像も秀逸。

-----------------------------------------------
↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

 

<お勧め読書035:きみ去りしのち>

  • 2015.06.12 Friday
  • 11:48




『きみ去りしのち』  (文春文庫 重松 清 )

昨年の大晦日に「十字架」を読んで重たい気分で正月を迎えた。

以来、しばらく遠ざかってしまっていた。

この「きみ去りしのち」もやはり重たい。

あとがきに「喪失感との折り合いのつけ方を探ってみたかった」

とあるように、関根さんと娘明日香の喪失感を縦軸に、

旅で出会った人びとのそれを横軸に、

それぞれの「折り合いのつけ方」が語られていく。

9章からなる長編であるが、

それぞれの章が短編として独立している。

重松は短編が素晴らしいという持論が証明された一冊だ。


<shiozyのお勧め度☆☆☆☆>
シゲマツは私淑する作家だが、
テーマがだんだん重くなってきて、
しばらく遠慮していたのだが、
たまには真摯なテーマにも触れてみないとね。

-----------------------------------------------
↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

 

<お勧め読書034:ロストケア>

  • 2015.06.08 Monday
  • 11:49




『ロストケア』  (光文社 葉真中 顕)

日本ミステリー大賞新人賞受賞作。

葉真中顕(はまなか あき)のデビュー作である。

寝たきり認知症の老人たちを43人も毒殺した

介護職の男の「喪失という名の究極の介護」のお話である。

介護する介護される双方の幸せのために殺人を犯すのだ。

確信犯。

妻の介護歴15年の小生にとって

ストレートに受け入れられる「正義」ではないが、

逆説的に世の中に警鐘を鳴らす意義がある。

大胆に切り込んだ凄みのあるミステリーだ。


<shiozyのお勧め度☆☆☆☆>
『絶唱』に続いて読んだのだが、
葉真中顕(はまなか あき)は、これからの注目株だな。

-----------------------------------------------
↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

 

<お勧め読書033:わが家の問題>

  • 2015.06.03 Wednesday
  • 14:44




『わが家の問題』  (集英社文庫 奥田英朗)

どんな家庭にも「我が家の問題」がある。

それは当事者にとって深刻な問題である。

だがしかし、外から見ればどこにでもある問題なのだ。

ここに書かれている問題は、

家庭という狭い世界から配偶者を見たとき、

一面的ではあるものの真実を捉えている。

そして、その眼差しがとても温かだ。

夫、妻、娘、それぞれの優しさが素晴らしい。

ちょっとうるっときた自分がいる。

好短編集だ。


<shiozyのお勧め度☆☆☆☆>
『わが家の問題』と対をなすものに『家日和』がある。
奥田英朗の人を見る眼差しが温かい好著である。

-----------------------------------------------
↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

 

<お勧め読書033:64(ロクヨン)>

  • 2015.05.29 Friday
  • 11:33




『64(ロクヨン)』  (文藝春秋 横山秀夫)

もう何年も新作と出会っていない。

ひょっとして横山秀夫は筆を折ったのか、

と思っていたら、待望の新作である。

「64(ロクヨン)」なにやら思わせぶりなタイトルだが、

「64(ロクヨン)とは・・・」と

ネタ晴らしをしてしまったら営業妨害。

横山節は健在であった。読むが良いぞ。


<shiozyのお勧め度☆☆☆☆☆>
昨日、久しぶりに本屋さんを覗いたら、
この「64(ロクヨン)」が平積みされていた。
やはり、硬派な横山秀夫は人気者らしい。

-----------------------------------------------
↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

 

<お勧め読書032:一刀斎夢録>

  • 2015.05.26 Tuesday
  • 13:51

時代小説は、何といっても、何と言わなくても、

新選組の話が面白い。

--------------------------------
一刀斎夢録

『一刀斎夢録』  (文春文庫  浅田次郎)

刀を右腰に差し左手で抜く。

そんな左利きの武士はいたのか?

正解は、そんな武士はいるはずがないぞ、である。

なぜなら、武士は左側通行。

刀は左腰に差し互いの鞘が当たらないようにしていたのである。

つまり、左利きで生まれても、右利きに直され、

ケド左手も実は結構使えますよ。というのが真実だろう。

しかし、小説や映画の世界では、左利き武士が登場する。

新撰組三番隊隊長齋藤一(さいとうはじめ)と、

丹下左膳、宮本武蔵の三人である。


丹下左膳は右腕がなかったので、左手一本で刀を抜いた。

しかし、刀は左腰に差していた。

宮本武蔵は左利きを隠していた。

右利きのように振る舞いながら、

とっさの切り合いに左手で脇差を振るった。

二刀流が生まれた所以である。

この二人は、イレギュラーな左利きだ。


正真正銘の左利きとして描かれるのは、齋藤一ただ一人。

武士は客と対座したとき、礼儀として刀を自分の右横に置く。

刀を抜く意志はありませんよ、という意思表示だ。

ところが、齋藤一はこれを悪用して、

刀を右に置いてそこから左手で居合抜きした。

だまし討ちだから強いはずである。

幕末から明治大正まで生き抜いた齋藤一の人斬り回顧録、

それが「一刀斎夢録」だ。

ちなみに、齋藤一を逆さに読むと一刀斎である。


<shiozyのお勧め度☆☆☆☆>
近藤、土方、沖田ほど有名ではないが、
異色の左利き剣士ということで、
齋藤一はユニークなキャラである。

-----------------------------------------------
↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

 

<お勧め読書031:天地雷動>

  • 2015.05.22 Friday
  • 11:53

時代小説歴史小説を読むときに、地図がついている本が好きである。

地名や古戦場が出てきたときに、場所を確認出来てリアリティーが増すからである。

--------------------------------




『天地雷動』  (角川書店 伊東 潤)

ふぅ、400頁程度の本を読破するのに三日も要してしまった。

武田軍と織田・徳川・秀吉連合軍の長篠の戦へ至る過程は

わくわくするドラマだったが、城や古戦場の地名がやたら出てきて、

その一つひとつを巻頭の地図で確かめながら読んだのだ。

進軍や敗走の過程をたどりつつ読むと、時間はかかったものの、

当時のいくさのリアリティが増すのである。

地図を掲載した角川書店さんは偉いのである。


<shiozyのお勧め度☆☆☆☆>
伊東 潤は硬派なところがいいね。

-----------------------------------------------
↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

shiozyの愛飲焼酎はこれ。

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM