<安芸の刀工−正光>

  • 2014.12.15 Monday
  • 12:51


年に一度は広島城を訪れるshiozyである。

「お刀ジジイ」だからである。

年に一度は刀の企画展が開催される。

今開かれているのは「安芸の刀工−正光」展である。

石橋正光
江戸後期から明治初期にかけて作刀。
北広島町(芸北)の屋敷跡はいまも残る桜の名勝地

美術刀としては、この刀が素晴らしい。
石橋正光

おそらく千振に一刀くらいしか得られないだろう絶妙な波紋。

美しさではこの刀が群を抜く。

素人受けするのはまちがいない。


しかし、私が目を付けたのはこの一刀。
石橋正光

刃長二尺四寸二分(73.3センチ) 反り3分(1センチ)

直刃(すぐは)仕立て 大切っ先 樋なし

まさに剛刀と呼ぶにふさわしい。

思わず「欲しい」と叫んでしまった。


剛刀、つまり実戦用の刀である。

幕末の頃、こんな実戦刀が必要とされたのか。

必要とされたのなら、ここからは私の妄想だが、

おそらく幕末の志士たちが愛用したに違いない。

パンフレットに、「浜田藩に300振献上」とあるから、

長州戦争での負け戦に使用されたものと思われる。

そんな悲しい歴史があるだろうものの、

刀の素晴らしさは変わらない。


居合で、二尺四寸の直刃仕立ての剛刀を

使ってみたいshiozyなのである。

欲しい。

-----------------------------------------------
↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

<お刀女子>

  • 2014.10.07 Tuesday
  • 11:39

とうとう「お刀女子」まで登場したか。

本日の中国新聞コラム「潮流」に、

「お刀女子」パワー の見出しが躍る。

これね。
中国新聞

居合の練習で、週4日は刀を振る小生としては、

うれしい限りである。

刀の知識は少々はあるものの、

正式に理論武装をしなくっちゃ、ということで、

日本刀のお勉強を始めるのである。

10月−11月の中国新聞情報文化センター特別講座へ

出陣である。

参加者は じいさんばっかりなので 

「お刀女子」にも参加してほしいものである。

こんな講座内容だ。

----------------------
中国新聞情報文化センター クレドビル教室
日本刀を身近に楽しもう(4回)
日本美術刀剣保存協会広島県支部

1回目「日本刀の世界、刀剣と芸術性」 西本副支部長
2回目「刀剣鑑賞のポイント」     中野宅吉(石州刀剣会会長)
3回目「広島県の郷土刀」       石岡副支部長
4回目「日本刀の造られ方」      三上孝徳(全日本刀匠会会長)

コース
1回目:10月12日(日)
2回目:10月26日(日)
3回目:11月9日(日)
4回目:11月23日(日)
各13:00〜14:30
----------------------
本日は、中国新聞の大宣伝ブログである。

因みに、小生の日本刀三振り。
真剣
上から、
粟田口国吉  二尺三寸三分
筑州住國天作 二尺三寸五分
無銘 二尺四寸
-----------------------------------------------
↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

<居合道広島県大会優勝>

  • 2014.05.29 Thursday
  • 16:52

遅ればせながらのご報告である。

本当は早くアップしたかったのだけれど、

速報はフェイスブックに譲って、

ブログにはぜひ動画を載せたかったからだ。

昨日、やっと映像が届いた。


「居合の試合って、刀で斬り合うのですか?」

という過激な質問をされるので、(死ぬよ:笑)

試合とはどういうものか紹介したかったからでもある。


25日は広島県大会だった。

shiozyは2段の部に出場した。

もちろん、2段では最年長である。

62歳で居合を始めて3年目にして初優勝。

苦節3年。石の上にも3年。

ジジイでも3年の辛抱である。

賞状

たぶんおそらくきっとじぇったい、

2段の若い人たちは、

各道場の先生に、

「ジジイに負けて恥を知れ」

怒られているに違いない。


居合道広島県大会2段の部決勝戦の動画はこちら
YouTube



-----------------------------------------------
↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

 

<GWは。。。。>

  • 2014.05.04 Sunday
  • 15:27

GWはフラワーフェスティバルにも行かず、

ましてや海外旅行などもってのほか、

ひたすら居合の稽古三昧である。


これまでの自主練習会場は、

廿日市スポーツセンターの武道場であったが、

なんと自宅の目の前徒歩一分圏内に練習場を発見したのだ。

団地320戸が共有する集会所。


天井が低いのでダメだろうと思い込んでいた。

しかし、試しに刀を振ってみると、充分な高さがあるではないか。

普通の住宅より天井が高く造られている。

床はフローリングで30畳ほど広さ。

まさにうってつけの稽古場だ。


日頃、大して利用されていない集会所なので、

これからはshiozyが有効活用するとしようかのう。

ということで、本日より3日間集会所自主稽古である。

↓↓本日の稽古風景
youtube
今日の居合

-----------------------------------------------
↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

 

<試し斬り>

  • 2014.01.08 Wednesday
  • 11:02


居合を始めてほぼ3年。

真剣を持ってほぼ2年のshiozyである。

真剣は持ってはいるが、

人は モノは斬ったことがない。

ぜひ一度 人を モノを斬ってみたいと熱望していた。


毎週水曜日夜の道場稽古のほかに、

週二回は廿日市スポーツセンター武道場で、

ひとり稽古に励んできた。

大きくて立派な武道場であるが、

平日の昼間はshiozyの独占状態。

なんとも贅沢は稽古場なのである。


だがしかし、時々は同好者と出会う。

多流派の範士八段の大先生だ。

その先生が来られると、

shiozyは武道場の隅っこで小さくなって稽古する。

わしはまだ二段のへなちょこなのである。


昨年末、その大先生が声を掛けてくれた。

「1月7日は稽古始ですが、試し斬りをします。
真剣をお持ちのようなので、参加しませんか」

飛び上るほどうれしかったが、声に出たのは

「いえいえ、私はまだ新米ですから、恐れ多いです」

「遠慮なさらずに、どうぞどうぞ」

お言葉に甘えてしまった。


さて、それが昨晩のことである。

見学だけ、との思いから、袴も持たず普段着で出かけたのだが、

十数人のお弟子さんたちが順番に試し斬りをする。

一巡して、先生から「shiozyさんもどうぞ」と声がかかった。

「えっ、私服ですけど」 躊躇するshiozy。

「構いませんから、どうぞ」

お言葉に甘えてしまった。


昔は藁を束ねたものを斬ったらしいが、

今は藁が手に入らない。

代替えとして、畳表を丸めてそれを一晩水に浸けたものを使用する。

かなり重たい。

上級者が斬ると、スパッと斬れるが、

刃筋が通らないと、斬れないだけでなく刀が曲がる。

実際、昨晩も先生が刀のゆがみを修正しながらの試し斬りだった。

なので、曲げたり折ったり傷つけたらどうしよう。

そんな心配で、リキが入ってしまった。


畳表を台の上に立てて、それを袈裟斬りに切る。

二回ほど挑戦して、八分目までしか斬れなかった。

次は、畳表を二つ寝かして、それを上段から斬り下ろす。

一度の挑戦で、みごと上の畳を斬りぬいた。

証拠写真はこれね。
試し斬り


最後に、範士八段の先生のワザをご覧あれ。


広島真武館道場のサイト


-----------------------------------------------

↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ
 

<あと10年>

  • 2013.11.12 Tuesday
  • 12:09


10日の日曜日は、「福山市長杯居合道選手権大会」だった。

9時開会式。

整列すると、隣の人から声を掛けられた。

「shiozyさん。ブログ読んでますよ」

開会式の厳かな中、

いきなりだったのでドギマギしてしまい、

お礼の言葉も満足に返せなかった。

知らない人から、「ブログ読んでますよ」と

声を掛けられることはよくあるのだが、

まさか居合会場で言われるとは思わなかった。


「shiozyさんと初戦の対戦相手は、私ですよ」と言う。

敵に名乗りを挙げられたのも初めての経験だ。

お顔を見ると、私より年長の方みたいだ。

「高知大会では、shiozyさんが2段の部最高年齢だったみたいですが、

今日は私が最高年齢ですよ」

「失礼ですが、何歳でしょう?」

「72歳です」

「それはすごい」

「shiozyさんみたいに、週4日の稽古なぞとてもできません。

どうぞお手柔らかにお願いします」

というような会話を交わしたのだが、

ブログをしっかりチェックされていて、

何だかすっかり相手ペースにはまってしまったみたいだった。


試合開始の前に、正座して「お互いの礼」という挨拶をする。

その正座姿が堂々としていて、美しい。

「むむっ、お主できるな」

心の中で思ったものの、声に出しては言えない。

週4日も練習してきたのだから、それなりに自信はある。

「よろしくお願いいたします」とあいさつを交わして、

いざ本番である。

試合中は、相手の動きはわからない。

自分の技に集中するだけだ。

指定技5本。

なんとか大きな失敗もなく、やり終えた。

審判の「判定」の声で、旗が揚がる。

赤三本。相手の勝ちだ。


その人が二回戦を戦う姿を見た。

腰が据わっている。メリハリが利いている。

二回戦も勝ちを収めた。

shiozyが負けたはずである。

 乾杯 じゃない 完敗。。。


後でお話を聞くと、

「70歳で入門して、やっと2年」らしい。

素晴らしい。

shiozyは「62歳で入門して、2年半」。

この人を参考にするなら、あと10年はやれそうだ。

いいお手本が見つかったなあ、

という嬉しい思いのshiozyである。

よし、あと10年続けるとしようかのう。

新たな目標を与えてくれた周南市の荒木さん、

ありがとうございます。

福山大会


追加の後日談

本日はサマンサジャパン@周南市勤務である。

荒木さんは、サマンサの会長小野さんと同級生だということが判明した。


-----------------------------------------------

↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

 

<体育の日は>

  • 2013.10.14 Monday
  • 15:28


本日は「体育の日」である。

どなたさまも心地いい汗を流していることと拝察しております。

ここはひとつ、わしもいい汗を流さなくっちゃ。

ということで、居合@一人稽古に行くことにした。

で、念のため、廿日市スポーツセンターへ電話した。

「午後から武道場は空いてますか?」

「本日全館、体育の日イベントなので個人使用はできません」

あちゃーー、空振りに終わったshiozyである。


仕方ないので、刀の手入れでもするか。

幸いにも、カラッと晴れた秋晴れの空。

湿度の低い日は、絶好のお手入れ日和だ。

ということで、刀をすべて分解掃除。

これね。
日本刀


「カープ、ファイナルステージ進出」の文字が躍る

中国新聞を背景に誇らしげな日本刀。

カープ同様、鋭い切れ味である。

銘は「筑州住國天作」。

平成23年作の新刀だ。

この刀を打った刀鍛冶は、四朗國光の息子・四朗國天。

30代の若き刀匠だ。

「四朗國光」のHP


「日本刀って、本当に切れるの?」とお思いの方、

HPには刀鍛冶の打った包丁もあるので、

それを買って試してみるが良いぞ。

ただし、日本刀と同じ鋼で打っているので、水に弱い。

使った後はしっかり手入れしないと錆がでる。

これも日本刀と同じだ。

わしの苦労がわかろうというものだ。


体育の日は、お手入れ日和である。

-----------------------------------------------

↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

 

<いざ、高知へ>

  • 2013.10.04 Friday
  • 11:35

 続報:試合結果

今年も一回戦突破したものの、二回戦で敗退。
やはり大学生は強いね。(二段最年長者の負け惜しみ)

今度からわしのことを「一回戦ボーイ」ならぬ
「一回戦じじい」と呼んでくれい。

-------------------------------

例年、10月の第一週は高知へ遠征である。

「高知居合道大会」

千人規模の大きな大会だ。

この大会に備えて、この夏の猛暑日にもかかわらず、

週三回の練習に励んできた。

昨年は初段の部で初戦突破、二回戦敗退だったので、

今年の目標は二回戦突破である。


昨年の様子はこちらね。
<武者修行>



今年は道場を移って初めての試合ということで、

リキが入るのであるが、

だがしかし、二段の部は大学生がひしめいている激戦部。

おそらく、二段の部最高年齢のshiozyとしては、

初戦敗退の現実が待っているだろう。


ま、気負わずに頑張ろう、ということで、

「高知居合道大会」という名の家族旅行とすることにしよう。

(負け惜しみか)


-----------------------------------------------

↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。
広島ブログ  山口ブログ

<壁の傷>

  • 2013.05.05 Sunday
  • 15:54
 

♪柱の傷はおとどしの五月五日の背比べ♪

柱の傷はなんとも微笑ましいが、心の傷は痛ましい。

では、壁の傷はどうよ、と問われれば、

それはなんとも情けないのである。


居合いを始めて2年と3ヶ月。

道場通いのない日は、自宅でも稽古するのである。

天井が低いから、立ち技はできない。

もっぱら坐り技の稽古であるが、六畳和室ではそれでも少々狭い。

我が家のふすま障子はビリビリに破れている。

障子の傷 


勢い余ると、間合いを見切れずに壁を斬ってしまうのである。

壁の傷


♪壁の傷はさくねんの五月五日の居合い抜き♪


-----------------------------------------------

『妻のために生きる』好評発売中!!
ネット販売「e-hon@夢しょぼう」でどうぞ。

↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。



<北九州居合道大会2013>

  • 2013.03.19 Tuesday
  • 11:20
 

明日(20日)は、北九州居合道大会である。

千人近くが参加する大大会である。

昨年の様子ね↓↓
北九州大会2012


わが錬心館道場からは模範演技のヨシコ先生とShiozyの参加だが、

試合に出るのはわし一人。淋しい限りである。

だがしかし、一人でも出たい。のである。

それは、初段最後の試合だからである。


この2月に2段に昇段した。

北九州大会の申し込みは1月。

申し込んだ時点ではまだ初段。

実質2段なのに、初段の部で勝負。

つまり、「勝てるチャンス」が大きいというわけなのだ。

ここで勝てなければ、

未来永劫徹頭徹尾終始一貫現在過去未来勝てないだろう。


初戦敗退という惨めな結果にならぬよう、

明日は朝4時起きで頑張るShiozyである。


昨年の試合結果はこちらね。↓↓(初戦敗退か?)



-----------------------------------------------

『妻のために生きる』好評発売中!!
ネット販売「e-hon@夢しょぼう」でどうぞ。

↓↓ランキング卒業しました。足跡記念にどうぞ。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

shiozyの愛飲焼酎はこれ。

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM